• mie

個人|第3回 セッションの流れと実践

最終更新: 6月3日

テーマ:セッションの流れについて


アニマルコミュニケーションのセッションの一連の流れについて、各プロセスの目的を理解する。相手あってのアニマルコミュニケーションなので、挨拶ではじまり、感謝で終わること、ただこれだけのことですが、意識して毎回確実に行っていきましょう。



開催日時と受講者

2021/3/22(14:00-16:30) 参加者:藤澤さん



■学んだこと

(1) セッションの流れ、プロセスについて目的や意味を理解する

(2) オーラリーディングの実践(より直感的に色を捉えて行う)

(3) 他のメンバーがリーディングしたオーラとの比較やギャップ探し



【本日のモデル】

脇坂ロッタちゃん(オーストラリアンラブラドゥードゥル、メス、3歳)

池谷ネロちゃん (ベルジアングリフォン、メス、10歳)



💡レッスンポイント


(1) 素敵なところを見つける

ぱっと見て目に入ったことからどんどん相手に伝えていくイメージでコミュニケーションを行う動物さんの素敵なところ、素晴らしいところを見つけていきます。

これは、相手をよく観察することで気が付くこともありますが、素敵なことを伝えられた動物さんとその飼い主さんの心を開き、その場のエネルギーを高めることが目的です。


今回初めて集中して行ったのと、写真で行ったのもあって、自分の感想に近い表現が多くなってしまう傾向がありましたが、感想や思い込みにならないよう注意しましょう。また、慣れてくると一見良いことを言っているように聞こえるのですが、実は差別表現になっていた、なんてことも出てきますので。どのような表現、言葉を伝えるか、一度考えてからお伝えすることもとても大切です。



(2) オーラは直感

最初に感じた色や、意味、感覚を大事にしていくことを徹底しましょう。隣と同じ色になってしまったから間違ってる、ということはありません。隣と同じ色でも意味が違うだけかもしれません。自分が感じた色を大事にしていくこと、これを徹底していきましょう。


*藤澤さんは直感をとても大事にしていらっしゃるので、今のままでいてください。