• mie

個人|第2回 オーラリーディング(レベル1)

最終更新: 6月3日

テーマ:オーラリーディング(レベル1)


オーラを感じ取り、オーラの色とその意味を理解していく。



開催日時と受講者

2021/2/18(13:00-17:00) 参加者:藤澤さん、渡邉恵子さん



■学んだこと

(1) オーラの見方、感じ取り方

(2) オーラの描き方(筆を走らせる方向を一定にすること)


【本日のモデル】

かのこちゃん(シーズー、メス、6歳)

ムゥチーくん(シーズー、オス、3歳)


一番強く感じたところに丸印を記載してもらいました。

オーラはそれぞれに異なりますが、見ている人も角度も違うので、違うことは自然なことです。答えに正解/不正解を求める必要はありません。感じることを大事にしていき、人との違いで自分が気づかなかったことを意識して自分の感覚に追加していきましょう。



■オーラリーディングの観点

オーラは体から1番近い部分から順番に「肉体」「感情」「精神」と3つの層に分かれています。(実際動物は5層ありますが、アニマルコミュニケーションで読み解くには3層の情報で十分です)


ベーシッククラスではオーラを感じることを習得するのが目的なので、オーラの層にこだわることなく胸の前、頭の上、背中、お尻、足元とその場所でどのような色、感覚が感じられるかを記録して最終的に1番強く感じられた部分を今1番伝えたい思いや考えとして受け取っていきます。「オーラを感じること」に集中していくことで、思い込みや記憶情報に左右されることなく目の前の子の本来の姿や気持ちを知ることができるようになります。




🧘‍♀️誘導瞑想と音源

使用したソルフェジオ周波数音源はこちらです。

852Hz は直感力を覚醒させる周波数で、脳の