• mie

第2回|オーラリーディング①

最終更新: 13時間前

テーマ

オーラを感じ取り、色と意味の考察ができるようになる。


開催日時と受講者

2021/7/12(10:00-13:00):森さん(モデル:らん丸くん)

2021/7/18(10:00-13:00):井上さん、加藤さん、高本さん(モデル:こつぶちゃん)

2021/7/21(21:30-24:45):岩崎さん@振替

2021/7/25(10:00-13:45):宮武さん@振替

2021/7/27(10:00-13:00):岡田さん

2021/7/28(10:00-13:00):伊藤さん

2021/8/2(14:00-17:00) :石田さん、皆元さん



学習ポイント

☑︎オーラとチャクラの位置や色についての理解。

☑︎オーラ=エネルギーは常に変化するという理解。

☑︎オーラは視力で見るのではなく、感じること。

☑︎オーラは意味から、色から、得意な方から覚えていく。



実践したこと

・オーラの意味と実際の位置についての把握と理解

・素敵なところを見つけ、伝える

・オーラリーディング

・写真、オンラインを使ったアニマルコミュニケーション


テキスト

ベーシック講座テキスト(Page8〜10)


■前回からの変化や実践してみたこと

・ふたりきりの時間を作るようにしてみたらふたりで過ごす時間が増えた。

・褒めて行くと尻尾の揺れ方がしなやかにゆれている感じに変わっていった。

・もっと言って欲しいという感じが伝わってくる。

・褒めまくったら目と目が合うことが増えた。

・褒めていたら嫌がっていた目薬をさせてくれるようになった。

・褒めていたらブラッシングも少しずつさせてくれるようになった。

・こちらの言葉を聞いてくれる、理解しようとしてくれているのがわかった。

・毛繕いをし始めて、そのあと寝てしまう。

・家族が家を出る時に阻止しようとする行動が減った。

■アニマルコミュニケーションの実践

モデルさんたち

・森らん丸くん(イングリッシュゴールデンデンレトリーバー)

・伊藤ルークくん(ノーフォークテリア)

・宮武みそちゃん(雑種)

・加藤こつぶちゃん(ヨークシャーテリア)



※資料は全員のリーディングが終わり次第添付します。




■オーラリーディングのコツ

(1) 目で視るのではなく感じるを優先する

オーラが流れている位置を見て、その場所が暖かいのか、冷たいのか、もしくは、明るいか、暗いか、というように感覚に集中していく。


(2) どのような印象が伝わってくるかを感じる

直感的に感じたことを大切にする。まず先に感じたことに真実があります。否定することなく、最初に感じたことを大切にしましょう。


(3) 色と意味

感じ取ったことからオーラの色と意味のリストの中から最適な情報を決める。色は基本的に虹の7色、意味はリストにある言葉を使っていき、慣れてきた頃に自分の中で感じた情報にアレンジしていく。


😱わからない!となってしまったときは・・・

オーラが感じられない、わからない時は何か必ず理由があります。

・複数のオーラを感じていることで混乱している。

・思考が感覚意識を邪魔している。

・わからないと思い込んでいるか。

・先に感じ取ったオーラの情報が残っている。

などなど、原因を探すのも大切ですが、まずは深呼吸をして焦りや不安な気持ちが和らぐのを待ってから再度オーラを感じ取ってみましょう。

この写真の猫ちゃん、体の周り白くぼわーっ