• mie

第4回|写真を使ったアニマルコミュニケーションの実践練習/催眠誘導

■セッションの流れ

Step1. 呼吸を整えリラックスし、自分だけのエネルギーになっていることを確認する。

Step2. オーラリーディングさせていただくペットや動物に許可を得る。

Step3. リーディング終了後は感謝を伝え、エネルギーの繋がりを終了させる。

【資料】

10/7、19の講座で実践したオーラリーディング資料を添付しましたので、振り返り確認にご利用ください。再度実践できるよう色が塗られていないタイプのものを全モデル分用意してあります。


AC-Basic-1_オーラリーディング_20201007
.pdf
Download PDF • 766KB


モデルさん

ももちゃん(Mダックス、7才、メス)

ぷぅちゃん(Tプードル、5才、メス)



■学習ポイント

写真でオーラを見る/感じることに集中するメリット

オーラは生命エネルギーであるとお伝えしましたとおり、今と次の瞬間ではオーラは色が変わってしまうことがあります。

そこで、オーラを見ることに慣れるためにもまずは写真でオーラを見ていくことに集中しましょう。また、遠方の方など写真でのセッションになった場合にも有効です。

実際に動いている状態でオーラを見る時は、その瞬間を止めて見ることになります。

動いている状態でも止まっていることを意識的に行うことができるようになるためにも写真という静止状態でオーラを見て感じるよう慣れていきましょう。



■日常で取り組めること

よその子たちのオーラを感じてみよう!

うちの子のオーラを感じる練習は毎日できますが、よその子のオーラを感じる練習もたくさん行ってください。大事なことは「感じること」をただ取り組むだけです。そこには正解も不正解もありません。


うちの子はみなさんお持ちの”うちの子フィルター”を外す練習がまず大事です。外し方は簡単で、オーラを見る前にリラックスして思考を停止させるだけです。思考が先に出るとよく出来たフィルターがしっかりと機能を活躍させてくれます。この活躍を止めるためにもリラックスすることが大切です。

よその子を見る時に大切なのが、飼い主さん含めて許可をもらうことです。オーラを見るだけにしても「オーラを見させてください」とお伝えすることがマナーとなります。相手が顔見知りであれば伝えやすいのですが、名前も知らない人であれば心の中で伝えれば良いです。


■次回の連絡事項

次回はセッションの流れを説明していきます。

このベーシック講座ではアニマルコミュニケーションをセッションとして実際にできるようになることをゴールとしていますので、一連の流れを説明しながらオーラリーディングのトレーニングを行う予定です。そこで、以下の2点のご準備ご協力をお願いします。

(1) オーラリーディング5点シート、リーディングシートをそれぞれ2枚、手元にご用意ください。

(2) オーラリーディングを行うモデルさんのご協力をお願いします。

全身の写真をLINE(LBH講座⭐️)に送ってください。

🍀おまけ

「ありがとう」は言葉の中でも世界最強のエネルギーを持つと言われています。

LBH講座のアニマルコミュニケーションで使う言霊にも「ありがとう」はできる限り取り入れていきたい大切な言葉だと考えています。

では、なぜ最強のエネルギーを持つのか?というと、世界中で使われている「感謝」の想念帯にある言葉だからなのです。この言葉には心から相手を思う気持ちが長年に渡って使われ込められてきたんですね。諸説ありますが、心がこもっていないまま「ありがとう」と相手に伝えても言葉自体がエネルギーを持っているので、言った人の心より言葉が持つエネルギーの方が優っているという。

「ありがとう」

ぜひたくさん ”意識して” 使ってください。

飼い主さんに動物さんにも、癒しと喜び、そして真心を届ける魔法の言葉です。




mie🍀

ABOUT L&B+Heart

​愛犬のボストンテリアLienと、実家の白シュナButtonとHeart(心)を大切にしたいという思いから、アニマルコミュニケーションを中心に人と動物が幸せになるための活動を2012年より行っています

活動エリア

神奈川県横浜市

東京都内

長野県上田市

長野県北佐久郡軽井沢町

千葉県茂原市

静岡県伊東市

栃木県那須市

LINK

Copyright (C) L&B+Heart 2021 All Rights Reserved.

  • L&B+HeartのInstagram
  • L&B+HeartのFacebook
  • L&B+HeartのTwitter