• mie

第4回|写真を使ったアニマルコミュニケーションの実践練習/催眠誘導

■セッションの流れ

Step1. 呼吸を整えリラックスし、自分だけのエネルギーになっていることを確認する。

Step2. オーラリーディングさせていただくペットや動物に許可を得る。

Step3. リーディング終了後は感謝を伝え、エネルギーの繋がりを終了させる。

【資料】

10/7、19の講座で実践したオーラリーディング資料を添付しましたので、振り返り確認にご利用ください。再度実践できるよう色が塗られていないタイプのものを全モデル分用意してあります。


AC-Basic-1_オーラリーディング_20201007
.pdf
Download PDF • 766KB


モデルさん

ももちゃん(Mダックス、7才、メス)

ぷぅちゃん(Tプードル、5才、メス)



■学習ポイント

写真でオーラを見る/感じることに集中するメリット

オーラは生命エネルギーであるとお伝えしましたとおり、今と次の瞬間ではオーラは色が変わってしまうことがあります。

そこで、オーラを見ることに慣れるためにもまずは写真でオーラを見ていくことに集中しましょう。また、遠方の方など写真でのセッションになった場合にも有効です。

実際に動いている状態でオーラを見る時は、その瞬間を止めて見ることになります。

動いている状態でも止まっていることを意識的に行うことができるようになるためにも写真という静止状態でオーラを見て感じるよう慣れていきましょう。



■日常で取り組めること

よその子たちのオーラを感じてみよう!

うちの子のオーラを感じる練習は毎日できますが、よその子のオーラを感じる練習もたくさん行ってください。大事なことは「感じること」をただ取り組むだけです。そこには正解も不正解もありません。