• mie

猫のマノンちゃんのパートナー選び


LINE配信日:2021/9/24


 

【LINEレッスン】

こんばんは!既に講座でお話ししていました保護猫、里親に関するリアルなご相談を課題として情報提供OKいただきましたので、皆さんにお願いしたいと思います。


<相談概要>

今一緒に暮らしている猫のマノンちゃんのパートナー選びで、保護猫の兄弟のうち、どちらか、もしくは両方にするかを悩んでいらっしゃいます。


<課題>

ベーシッククラスの皆様は、

今回登場する3頭の猫さんそれぞれのオーラ(1番輝いている色1つとその意味)と、お迎えするのはどちらか?もしくはふたり一緒か。


アドバンスクラス以降の皆様は、

ベーシッククラスの課題とお迎えする子の理由をお答えください。プラス、チャレンジしたご感想もお願いします。


情報、写真、課題はこの後の添付に記載してありますので、そちらをご確認ください。

ちょっと大変ですが、皆様のリーディング結果は依頼主にお戻しします。結果、どうなるかは来月中には決まるということですので、ご協力お願いします


ご不明な点や考え方の観点で悩んだ時などは遠慮なくお知らせください。


10/8(金)までにこのLINEにご返信ください


mie🍀




 

以下、各人のリーディング結果です😊


今回は、生まれた時から一緒の兄弟猫さんのどちらかを選ばなければならない、もしくは両方?という可能性も含めて、先住猫さんとの相性という観点でオーラリーディングを行って検討していただきました。

真摯なリーディング結果、検討結果をいただき、ありがとうございます。


個別にコメントをお送りしていますが、時には厳しい判断を迫られる時があります。

今回のようなケースもその1つなので、とても難しかったのではないでしょうか。

選択を迫られるような時は、「可哀想」「私だったら」という感情に流されないようにしてください。リーディングは常にフラットな意識感覚で行う方が、結果が明るくなる場合が多いからです。感情に押し流されることなく、オーラと見える範囲の情報を大切に扱ってみることで、みんなが納得となる答えに辿り着けるようになります。


<資料>

manon_20210924_b
.pdf
Download PDF • 340KB



【BASIC CLASS】


①マノンちゃんの1番輝いているオーラの色と意味

ブルー:自由を好むところはあるけれど、気持ちを出せないところもある純粋な寂しがり屋

レッド:力、生命力、勇気、正義感、苦しみ、心の傷

パープル(胸の前):高貴、気高さ、一本筋の通った、芯のある強さ、感受性の強さ

頭の上の金色っぽい色も気になったのですが、金色はリストにないので、次に目立ったパープルにしました。

パープル:気品、愛情、不安

パープル:優雅さ、気品、カリスマ性、独立心

②ルリちゃんの1番輝いているオーラの色と意味

ピンク:甘えん坊で無邪気

グリーン:おおらか、おだやか、落ち着きがない?(なるべく一緒がいい。)

ピンク:癒し、成長、優しさ、穏やかさ

ピンク:癒し、愛情、優しさ、穏やかさ、甘え

耳の先のとんがったところから上に向かって紫の光の光線が印象的でした。聴覚に異常があるとのことですが、もしかしたらルリちゃんは、耳をアンテナにして波動を読み取っているのかな。。と感じました。そこからも繊細さがうかがえます。

ベージュ:マイペース、優しさ

レッド:生命力、情熱、信念の強さ

③ハリくんの1番輝いているオーラの色と意味

グリーン:穏やかで気遣いのある、優しい子

ベージュ:のんびり、控えめ、ちょっと鈍臭い?(いっしょがいいかな。)

グリーン:おおらか、穏やか、優しさ、リラックス、気遣い

ベージュ:穏やかさ、マイペース、優しさ、落ち着き、控えめ、ひたむき

兄弟そろって明るい黄色がかった緑色を感じました。

オレンジ:思いやり、前向き

パープル:パープル 愛情、慈愛、感受性が強い

④お迎えするのはどちら?両方?

【両方】

・マノンちゃんとハリくんの相性は、ハリくんがマノンちゃんの淋しさを理解してくれて、心を開きやすくなるような良い相性に思えます。

マノンちゃんとルリちゃんの場合は、甘えん坊のルリちゃんに、時間が経つごとにうちとけていき、淋しさも埋まっていくように思いますが、たまに自由が欲しいマノンちゃんは、ハリくんがいる事で、うまく調和がとれていくと思います。

結果、ルリちゃんとハリくんの両方を迎えてあげた方が良いと思います。


・マノンちゃんのオーラーが難しく感じました…。雄のネコちゃんが居なくなったのが寂しいのかな…?兄弟なので一緒に暮らして欲しいなとおもいました。


・マノンちゃんにつながって質問すると、はじめは新しい猫が家に来ることに対して拒絶しているように感じました。ひとりでいる時間が好きなことや少し女王様っぽい気質と感受性が強い性質が、新しい子がくることでまた家の中があわただしくなったり空気感が変わることが嫌なようです。マノンちゃんの気持ちを考えると今回は受け入れるのをやめたほうがいいかもしれません。しかし、飼い主さんのご希望を考えて、それをマノンちゃんに伝えてみました。

本当は新しい子を迎え入れることに否定的だったマノンちゃんですが、少しでも大切な命を助けたいという飼い主さんの気持ちを伝えていくと、自分もそうやって助けてもらったよな~と固い雰囲気が少し和らいで、自分だけのスペースを確保してもらえるなら、新しい子を受け入れるのは一匹でも二匹でもかまわないと話してくれました。

つまり、マノンちゃんだけが入れる部屋だったり、マノンちゃんだけ使える空間が小さくても作ってもらえるなら、他の猫とは距離を保ちながら共存という形をとって自分のペースで暮らしていけるということのようです。

結論として、マノンちゃんだけのスペースを確保してもらうことを条件に、二匹とも受け入れるということになりました。

・両方お迎え 3匹でいる方が調和がとれる気がします。

・ハリくんは小さくて耳の聞こえないルリちゃんを守っているような風に見えます。離さないほうが良いのでは。あとマノンちゃんとハリくんがパープルなので、別の色の子がいたほうが安定するのでは、と感じました。

【ハリくん】

・どちらか一匹なら、ハリくん。

 


【ADVANCE CLASS以降】

①マノンちゃんの1番輝いているオーラの色と意味

オレンジ:こだわり、保守的

②ルリちゃんの1番輝いているオーラの色と意味

ピンク:愛情

③ハリくんの1番輝いているオーラの色と意味

レッド:男らしさ


④お迎えするのはどちら?両方?その理由は?

【両方】

・マノンちゃんのオレンジのオーラから自分の居場所を指しているのかなと思いました。他にもブルーやピンクが見えたので自由を好む性格はあるものの、家猫になってからは家族の愛情の温かさを知って愛情深さもあるので兄妹を迎えた際マノンちゃんの居場所を明確にしておけば上手く行くのでは?と思いました。

ハリくんで感じたレッドはルリちゃんに向けられたものかな?と感じています。他にもグリーンの家族とブルーの気持ちを上手く出せないというオーラも感じました。

ルリちゃんはピンクの他にイエローのオーラも感じたので好奇心ある子だろうなと思いました。きっとハリくんのサポートがあるおかげ素直な気持ちが出せているのかもしれません。彼女にとってハリくんは必要だと感じました。

ニコイチの感じに見えました。


 

以下、田中のリーディング結果です。


オーラで相性を見て、写真から見てわかる情報で検討した結果がハリくんをお迎えする提案で、両方お迎えの検討はアカシックレコードリーディグといって、未来の可能性を見た時のことを提案しています。


マノンちゃん:オレンジ(温厚、守って欲しい)

ルリちゃん:ピンク(愛情、甘え、女性らしさ)

ハリくん:グリーン(信頼関係、保守的)


ハリくんか、ルリちゃんか、どちらかを選ばなければならない時は、ハリくんをお迎えされることをお勧めします。

理由は、写真に見えるハリくんの尻尾や脚の様子からも常に寄り添う相手が必要であるのに対し、ルリちゃんは一人で凛とした表情と雰囲気を出しているところです。


ハリくん、ルリちゃんのふたりをお迎えした時の未来のビジョンをお伝えします。

最初しばらくの間はマノンちゃんがひとりになると思いますが、気がついたら3猫さんで寄り添っている姿も見えます。揉めることなく静かな関係になるのではないかと考えます。マノンちゃんは濱田さんがいるのと、先住猫という立場から堂々と振る舞うことができますので、可哀想に感じる頻度は少ないはずです。