top of page
  • 執筆者の写真mie

第4回|前世リーディング方法の習得と実践

更新日:2023年12月28日

テーマ

動物の生死観と魂をテーマに、亡くなったペットさんとのアニマルコミュニケーションを通じて学びを深めていきます。

 

開催日時と受講者

2023/12/21(14:00-17:30) 出席者:青柳さん、佐藤さん、髙橋さん、国原さん

モデル:菊澤ハリーくん(トイプードル)


15:15からモデル実習「動物の前世リーディング」

 

録画配信

講座の録画です。



⭐️実習記録


*国原さんと佐藤さん、リーディングシート受け取り次第掲載します。



⭐️前世のオーラ

ハリーくんのオーラについて、前世のオーラの印象を入れたケースをレイヤー分けすると、以下のようになります。




誘導瞑想の音源

ブライン・L・ワイス博士の誘導で、自分の前世に会いに行く体験を行いました。

動物の前世を知るためにはまずは自分の前世を自分で体験してみることからはじめます。



■講座風景




 

■次回の連絡事項

次回も前世体験と、前世リーディングを行います。

今回は、今世の過去と、前世リーディングを学ぶことを目標とします。

モデルはマルチーズのルルくんです。



よろしくお願いします。


mie🍀


 

■過去世を知る意味

まず、過去世はすでに終わっている/完了している時間です。

そこに悲しみ、喜びは存在しておらず、記憶でしかありません。

よって、過去世にこだわりを持つ必要はありません。

ではなぜ過去世を知る必要があるか?それは、今があるためには過去が存在していたからで、今の先には未来があって、全て繋がっているからなのです。

でも、こだわる必要はないというのが私の考えです。


動物たちの過去世を知る、そしてアニマルコミュニケーションで行う理由は何でしょうか。

興味という方も大勢いらっしゃいます。

人は、「やっぱりそうだったんだ」という感覚を好むので、それだけのために過去世を知りたいと望まれる飼い主さんもいらっしゃいます。


壮大な魂の旅を知ることを目的としても結構ですし、それだけでもその動物さんと深い繋がりや理解を得ることができるようになります。

しかし、過去世が役に立つといえば、今世の問題行動です。

問題には原因があります。今起きている問題は過去に起きた原因の結果でしかありません。

その原因を特定し、解決することで今の問題解決に繋がっていきます。

1度でも問題の原因を知るだけであっという間に問題が解決する場合もあります。


アニマルコミュニケーターは時に時を超えて魂の歴史から今起きていることを紐解いていくことを求められる場合があります。

過去から続くエネルギーに気づき、その繋がりを終了する意識を持つことにより、今とこれからが飼い主さんと動物さんにとってより良い幸せな日々になれば彼らの力になることができたと実感することができるようになります。


今世より前の過去世を探ることはアニマルコミュニケーションの領域を遥かに超えたサイキックリーディングになります。アニマルコミュニケーターだからこそできる人と動物との繋がりという点で、常識といわれる領域を超えた感覚意識を持ってアニマルコミュニケーションもしくはアニマルカウンセリングを行ってみてください。

もし「できない」と感じる/考えるのであれば、それはそれでいいんです。「できない」けど「できるようになりたい」と考えるのであればそれは「できる」に変わっていきます。

なぜなら人は時空を超えた魂の旅を経験している存在だからです。



Comments


bottom of page