top of page
  • 執筆者の写真mie

第4回|ハートコミュニケーションと言霊の力

更新日:2023年12月8日


アニマルコミュニケーションの真髄でもある動物の気持ちを受け取ることを「ハートコミュニケーション」と呼んでいます。人と動物とで共通言語を持たないため、コミュニケーションを行うには心(ハート)が全てになります。ハートとハートで会話を行うことがアニマルコミュニケーションで最も感動的で心が豊になる瞬間です。


これまでのクラスでもハートコミュニケーションは行ってきましたが、今回はプロセスを意識して行っていきますので、今後はプロセスを意識したコミュニケーションを積み重ねて行きましょう。


※一般的にはハートコミュニケーションはテレパシーで会話、とお伝えしていることが多いかもしれません。どちらも行っていることや得られる結果は同じですが、心を開き、心を繋げるプロセスを大切にすることが何よりも大事です。

 

■開催日時と受講者

2023/10/18(10:00-13:00) 出席者:関野さん

                欠席:田中敦子さん、松木さんは11/5に振替

 

■記録動画

モデル実習:朔弥ちゃん、飼い主の宇田川さん(Basic7期)




■実習記録

宇田川朔弥ちゃん





⭐️丸山ティナちゃん






■誘導瞑想音源

誘導瞑想:直感を目覚めさせる



 

■講座風景


■朔弥ちゃんの難易度

・シニア年代

・耳が聞こえない

・保護犬出身(繁殖引退犬)という背景

・飼い主さんがアニマルコミュニケーションをすでに学んでいて活用している

・クライアントさんのzoom画面にぼかしが入った状態ではっきりと映らない



今回いくつもの難点が重なった実習となりました。

実際、オンラインセッションではこのようなケースがあります。

物理的なこと(zoom画面にぼかし)はクライアントさんに相談して解決していくことが必要になってくるでしょう。

それ以外でよりよくすることが困難な場合はその部分に意識をフォーカスするのではなく、どうやったら今のこの状態でアニマルコミュニケーションができるのかを考えましょう。


■ティナちゃんの難易度

・内臓疾患(肝臓の数値が高い、お薬服用中)の懸念からオーラをどのようにみていくか。

・アニマルコミュニケーションで問いかけを行う時に寝てしまった時、反応が見えないので、どのように答えを受け取るか。


 

■次回にむけて

事前リーディングを行なっておくことで当日は時間を余裕持って使うことができますので、お時間取れる方はぜひ事前に記録、オーラを描いておいてください。



ありがとうございます。


mie🍀



Comments


bottom of page