top of page
  • 執筆者の写真mie

第6回|エネルギーについての理解

テーマ

ベーシッククラスの最終回はエネルギーについてです。

コミュニケーションはエネルギーの交流であることや、純粋なエネルギーそのものである動物さんたちと接する際、接した後に整えておきたいエネルギーについてお伝えします。

 

■開催日時と受講者

2024/2/9(金)9:00-12:00 大永玉恵さん、華さん、馬詰さん、竹内さん

モデル:本田KUくん


■録画配信


■音源

美しい旋律でリラックスできる音楽•穏やかなピアノ音楽とギター音楽| Sunny Mornings



■実習資料・アニマルコミュニケーション記録






■講座風景



 

■エネルギーのクリアリングの重要性


アニマルコミュニケーションに関わらず、私たちは普段からエネルギーの交換/交流を行って様々なコミュニケーションをはかっています。例えば、親しい友人や家族との会話、初めて会った人や動物さんたち。楽しい時間を過ごした後でもその時の光景や交わした言葉が記憶と共に感覚として残っているのはエネルギーの交流があったためです。


楽しかった時間をすぐに思い出したり、その時の感覚を楽しんだりすることができるのは、エネルギーの交流が残ったままの状態、つまり相手(人や動物)のエネルギーを自分のエネルギーフィールド(=オーラ)に引き込んだままの状態であると言えます。


アニマルコミュニケーションに関わらず、エネルギーは自分だけの状態であることが本来あるべき姿なので、様々な交流が終わった後はエネルギーの交流も終了させることを意識していきましょう。


[オーラ/エネルギーの交流イメージ]






■Tips

(1) 祓う

古来日本の神道にある清めの「祓い」がまさにエネルギーのクリアリングです。オーラリーディングなどエネルギーを見ていくコミュニケーションを行った時は、額の中心にある第三の目である第六チャクラを通してエネルギーを見ていることになりますので、額に手を当ててエネルギーを取り除くようなイメージで掴んだエネルギーを祓います。祓う回数は自分がすっきりとするまでをおすすめします。1回でも10回でも自分の中で他人のエネルギーが祓われたと感じた時が完了の目安です。


(2) 呼吸

同じ空間で長い時間を共に過ごすことで、空間のエネルギーも共有することになります。体の内側に入ったエネルギーを吐く息と共に外へ出して出していきます。体のどの部分で自分以外のエネルギーを感じているのかをしっかりイメージして、息を吐いていきましょう。吐き出す回数は自分で決めていただいて構いません。すっきりとした感覚が完了の目安です。


(3) お風呂

熱いお風呂、シャワーでエネルギーを洗い流しましょう。ポイントはお湯の熱さです。熱さは個人差があるため、度数の案内は差し控えますが、熱いと感じる温度にその効果が現れます。ここでも大事なのはイメージです。洗い流すもしくは、お湯に浸かる時間に決まりはありません。自分がすっきりとした感覚を持てたタイミングが完了の目安です。


最後に、

コミュニケーションを終えた後にクリアリング(上記の1もしくは2)を行うことを徹底しましょう。そうすることで、自分以外のエネルギーを長く保持することがなくなります。



 

⭐️ベーシッククラス修了にあたり


動物たちとの対話は心の静寂の中で "聞こえる” がわかります。

ここで学んだ基本テクニックとプロセスを順番にこなしていけば、うちの子の気持ち、声が聞こえるようになります。

自信が無いなんて簡単に言わず、自分を信じることができていればいいんです。

それが自信です。

この素晴らしい体験と会話の時間をこれからたくさん楽しんでください😊❤️🐶❤️😸




mie🍀




bottom of page